猫びよりにココ掲載

昨年9月、実家で両親が排水溝から助けた猫、ココのことが4月12日発売の「猫びより5月号」に掲載されました。
c0136217_11503077.jpg

ばばーん。表紙を見ると「ワシが絶対助けたる!奇跡のレスキュー物語」の文字が。ひゃー!
c0136217_11503654.jpg

早速、実家のココと記念撮影してきました。中身をチラ見せ。なんと5ページもあります。
「アンタが載ってるで!」と母に指さされるココ。
c0136217_11504422.jpg


ありがたいことに、今年に入ってから声をかけて頂き、2月末に取材を受け、掲載に至りました。
取材して下さった方は昨年の救出騒動からココのことを知ってくれていて、
その時の感激を伝えたいと思って下さっていたようでした。
また、私や家族も、ココ救出のことが広く知られることで、
今後、同じような状況になった猫が助かるきっかけになればいいな、という思いがあり、
話が進んでいきました。

それにしても、父が雑誌デビューするなんて(笑)。
後にも先にもこんなことはこれ1回だろうと思うので、
家族にとっては、それが大変記念になりました。

「猫びより」編集部の皆様、ありがとうございました。

母のブログに詳しくありますが、
家猫にするべく家族で可愛がっていたココの姉妹猫のらココが
先日、どこかで撒かれたクレゾールによる中毒で亡くなりました。
また、ココも同様の中毒で病院通いしていました。
(写真の通り、もう元気になっています)
私も家族も知りませんでしたが、ココを診てくれた動物病院で
「クレゾール中毒」が頻繁にあることを知りました。
足の裏についた程度でも、それを丹念に猫が舐めとり、体内に入る。
クレゾールがついた足で寝床に入ると、寝床についたクレゾールが
再び猫の皮膚につき、皮膚から吸収されたり、舐めとられたりして、また体内に入る。
結果的に何度も猫の体内に入り、中毒になるそうです。
また、ココやのらココの様子を見ていると、
すぐに大きな異変が出るのではなく、「なんとなく元気がない」程度から
「ご飯を食べない」などの症状がゆっくりと出ていたようでした。
ココはもう自由に外に出すことはないのですが、
もしも、外出する機会のある猫さん、または、脱走癖のある猫さんを
飼っておられる方は、ご注意下さいね。
[PR]
by ryokichi77 | 2014-04-14 12:38 | 掲載 | Comments(19)
Commented by coocoo at 2014-04-14 16:22 x
お母様のブログ、ほのぼのさ加減が好きでずっとお邪魔していたのですが
のらココちゃんのことがあってからショックで見ることができなくなってました。
ご両親もさぞやご心痛だったでしょう。
のらココちゃん、とても幸せそうだったのに。
多少窮屈でも家の中でいるほうがやっぱり安全なんだなーと痛感しました。

人間世界はへんな薬品使いすぎだよね。ごめんねヒト以外の生き物さん。

しかし、人様の家の猫さんのことでも泣くなんて
ワタシうちの子らがいなくなったらどうなるのかしら^^;
Commented by 仙一 at 2014-04-14 16:30 x
猫びより、届きました。
お父様の最初の言葉が、そのまま記事のタイトルに!と感動です。
記事を読んでいてもまた涙が溢れてきて止まりません。

改めて、よく救出できたと思うばかりです。

のらココちゃん…どうしてあんな事に、と思わずにはいられません。

今までクレゾール中毒なんて考えた事もありませんでした。
最近はリードをつけてお散歩をする猫ちゃんも増えているようなので、
もっともっと注意喚起が必要だと思います。
のらココちゃん…どうか安らかに。
Commented by ココちゃん at 2014-04-15 18:59 x
ねこびより、購入しておきました(^_^)/
特に、お父様の笑顔がひかってました!(笑)ココチャンは、最後のお写真は、少しご機嫌ななめでしょう(^_^;)?

のらココちゃんの件、お悔やみ申し上げます。のらココちゃんが戻ってくることは、決してないけれども、のらココちゃんはたくさんの人に足跡をつけた猫ちゃんだったと思います。

ご家族の悲しみは、想像するだけでも辛いです。そして、ココちゃん。
今日の記事で、お母様が「ココちゃんが、お母様の後について、外に出たいと鳴く」とありました。私は、それは「外に出たい」とココちゃんが言ってるのではなく「のらココちゃんはどこ?」と聞いてるのだと思います。

ココちゃんは、なぜのらココちゃんが消えたのか、まだ、わかっていないのでしょう。ただ、何となくは消えた理由を気づいていてだからこそ、いつもとは違う声でお母様に鳴いて聞いてるのだと思います。







ココちゃんが庭を見ているお写真を見と涙がでます(>_<)







Commented by キウイ at 2014-04-15 21:36 x
日曜日に猫びよりを買いに書店に行き、ぱらぱらとページをめくっていたらびっくり!
あらま、お父さん!なになに?ブログに載っていたココちゃん救出の話だー!とびっくりでした。
ほんとにまあ、こんなに大きくかわいくなって。
記事を見るにつけ、よく助けられたものよ、と改めて驚いています。
Commented by なつみ at 2014-04-16 00:49 x
猫びより、明日、本屋へ寄れると思うので、探してきます!
数日前から、膝を怪我してしまって、ほとんど出歩けなかったので、ずっとウズウズしていました。

お母様の捻挫の具合、いかがでしょうか?
無理してひどくしてしまわないよう、お大事になさって下さい。

ブログで、また元気なココちゃんの姿が見られて嬉しいです。

ココちゃんが外を見ている姿を見ると、とても切ないです・・・(T-T)

のらココちゃんは、ココちゃんの中にいるよ。
Commented by くまこ at 2014-04-16 20:25 x
初めまして。
お母様のブログで2月頃に「猫びより」の取材を来ているのを知り、楽しみにしていました(>_<)
 いつもは、少し高級なお値段の雑誌なので、立ち読みだったのですが、今回はわれらがココちゃんの雑誌デビューなので、購入しました!(^^)!

ココちゃん、可愛い♪そして、最後の家族写真、とっても素敵ですね。

お母様のブログで「ココが取材の日に初めて家にきて怒った」と記載されてましたが、なぜ、ココちゃんは怒ったのでしょうか笑?ずっと気になっています。
 今日の記事の写真を見て、びっくりしたのは、ココちゃんってまだまだ小さいのですね。まだ10か月くらいですもんね。実物大の「猫びより」雑誌とほぼ、同じ大きさなんですね!(^^)!。
もっと、大きいのかと思っていました。

野良ココちゃんの件、本当に言葉がでません。

(次のコメントに続きます)






Commented by くまこ2 at 2014-04-16 20:27 x
先ほどのコメントの続きです。

野良ココちゃんの愛したご両親のお庭。野良ココちゃんには、春の桜だけでなく、夏のひまわり、秋の紅葉その他の四季の移り変わりをもっと見てほしかった。野良ココちゃんは、本当に亡くなる数日前までも、縄張り争いをして、お庭を守ろうとしていたのですよね。
 どんなにしんどくても、ココちゃん一家の縁の下の「自分の家」を守ろうとしていたんですね。それほど、お庭とココちゃん一家を愛していたのでしょうね。

野良ココちゃんは、亡くなる少し前から、家の中に入ったりする時間が多かった気がするのですが、きっと、野良ここちゃんは、ココちゃんの家のなかで、最後の瞬間を迎えたかった気がします。ココちゃんのご家族とココちゃんの前で最後の時間をむかえるため、家の中を偵察していたのだと思います。(野良猫が死期を悟った時に、家の中に入ることが多いので。)
 ただ、4月3日、ココちゃんと遊んだ後、縄張り争いのため外に出かけないといけなくて、もう戻る体力がなくて、人知れず、駐車場で息たえたのだと思います。せめて、せめて願いがかなうなら、ココちゃん一家の目の前で息をひきとってほしかったです。
Commented by くまこ3 at 2014-04-16 20:37 x
先ほどのコメントの続きです。長文ですみせん(>_<)
 野良ココちゃんの人生は、家猫と違って過酷なものだったと思います。でもココちゃん一家に出会って、「愛情」というものや「仲間」という意味を初めて理解したと思いますよ。
  
少し思うのが、排水溝で息絶えるはずだったココちゃんが奇跡的に救出され生き延び、そして、2匹が出会う。全てが奇跡。

ココちゃんと、野良ココちゃんは、本当はどちらかしか、この世には存在してはいけない運命で、でも、運命のいたずらで、この2匹は出会ったのかなと。つまり、2匹が楽しく遊んでいた日々は、本当に奇跡だったのかなと。
 「ココちゃんと野良ココちゃんがどちらかしか、この世に存在してはいけない運命」というのは、ココちゃんと野良ココちゃんが2匹で1匹だから。
 だから、野良ココちゃんは、ココちゃんの中にいるんだと思います。
 
ココちゃんに、いつか、また、新しいお友達ができるといいですね。
 きっと今頃、野良ここちゃんは、お空で毛皮の模様を選んでいると思いますよ。そして、ココちゃん一家の目の前に、必ず、また野良ココちゃんの生まれ変わりが現れると思いますよ!(^^)!
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:41
★coocooさん
母のほのぼのブログを楽しんで下さってたんですね。
ありがとうございます。
実家周辺は静かな住宅街ではあるんですが、昔と違い、
空き地や雑木林などのゆとり場所がもうないんですよね。
いろんな意味で他の生き物を許容する大きさが
なくなってるように思います。
私もヒト以外の生き物さんに謝りたいですわ。

母もゆっくりと気持ちを落ち着かせつつあるので、
また覗いてやって下さい。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:42
★仙一さん
猫びより見て下さったんですね。ありがとうございます。
私も父の言葉がタイトルになってるのを見て、
衝撃(笑撃?)を受けました。
当時は里親募集するつもりで、仙一さんにも
お世話になりましたね。母も今でも感謝していますよ。

クレゾール中毒、私の周りでも知らない人が
多いようでした。もっと知られるべきですよね。
のらココの死を無駄にしたくないです><
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:43
★ココちゃんさん
猫びより買って頂いてありがとうございます。
ココがご機嫌ななめな写真、分かりましたか。
実は撮影機材に驚いて、おまけに少し撮影時間が
かかった為、「もうええやろー」となってたのでした。

のらココのこともありがとうございます。
ココものらココもまだ大人一歩手前だったので、
お互いいい遊び相手だったし、やはり寂しいのだと
思います。本当に残念です。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:43
★キウイさん
お久しぶりです!
いやーこんなことになっちゃってたんですよ。
両親も「この歳で取材受けることになるなんて」
と驚いていました。
ココは美猫になりましたわ。
ぶっちゃけウチの猫たちより美猫です(笑)。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:44
★なつみさん
あちらの書き込みもありがとうございました。
あらら、お怪我してたんですか?
なつみさんも無理なさらないで下さいね。
母の捻挫もゆっくりよくなってますよ。

外を見ているココ、切ないですよね・・・
かと言って、のらココのことを全く忘れていても
それはそれで切なかったかも・・・
ココが覚えていたってことはココの中に
確かにのらココがいたってことですよね。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-16 21:44
★くまこさん
猫びより、奮発して買って下さってありがとうございます。
(ちょっと高級な感じ分かります・笑)

ココが怒ったというのは、
取材の撮影時のことなんですが、
まず、見たこともない撮影機材にビビり、
更に、少し時間がかかったので、
抱っこされ続けることに我慢の限界がきて、
ついに怒ってしまったということなんです。
それがココの初「シャー」だったので、
その後、家族みんなでココに謝ったという訳です。

ココはスリムなので小さくみえるかもしれませんね。
中身はまだまだ好奇心いっぱいの子供ですよ。

のらココのこともありがとうございました。
私ももっともっと実家の庭でいろんな季節を
楽しんで欲しかったと思います。
最期にせめて帰ってきてくれていたら・・・
一番なついていた母に抱かせてあげたかったです。
Commented by みわこ@奈良! at 2014-04-17 00:53 x
りょう吉さん、お久しぶりです。
このたびは、ココちゃん猫びより掲載おめでとうございます!
絶対買いますね!
クレゾール中毒のことは、知ってました。
猫嫌いな人が道に撒いたり、猫に直接浴びせたりすることも…恐ろしいです。
臭いも強烈ですよ!
うちの愛猫も出入り自由なので、外から帰ってきたら身体を拭いてチェックを欠かしません。
いろいろ心配は尽きませんね。
のらココちゃんの記事は大ショックでした(涙)。
こんなことした犯人は、きっと我が身に返ってくると思う。
のらココちゃん、苦しかったね。
のらココちゃんが身をもって教えてくれたこと、忘れません。
Commented by みわこ@奈良! at 2014-04-17 01:14 x
追記です。
夏場によく使う、冷凍しても固まらないタイプの保冷剤やアイスノンにも注意してください。
不凍液のエチレングリコールが使われています。
犬猫が、アイスノン等をかじったりして漏れ出た中身を舐めて中毒を起こすのだとか。
クレゾールと同じで段階的に症状が現れ、腎不全になり効率で死亡する。
エチレングリコール中毒で病院に運ばれる犬猫は多いそうですよ。
うちでは、使い続けるのが不安で、アイスノンすべて処分しました…。
本当に人間には便利でも、動物には危険な物が溢れ返っていますよね。
生きづらい世の中になったなーと思います。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-18 12:14
★みわこ@奈良!さん
お久しぶりです。
猫びよりのこと、ありがとうございます。
楽しんで(?)頂けたら嬉しいです。^^

クレゾールのこと、みわこさんはご存知だったんですね。
私ものらココのことがあってからネットで調べ、いろいろと知りました。
クレゾールがどんな経緯で撒かれたのかは分からないですが、
猫が好きな人がいるように猫が好きではない人がいて、
外では何が起るかはわからない、という認識がやっぱり
甘かったのかな・・・と思っています。

保冷材も危険なんですか。
うわ、夏場、よく使うので、十分注意したいと思います。

情報をたくさんありがとうございます。
私も機会があるごとに、猫好きさんに知らせておきますね。
Commented by 元ハチワレ飼い at 2014-04-20 01:53 x
初めまして。某掲示板の素敵なお写真からいつも癒しを頂いております!
お母様のブログへコメント出来ないためこちらから失礼いたします。

先日のブログにお庭の百合が育ってきたと書かれていました。
ご存知かもしれませんが、猫にとってユリ科の植物(とりわけ百合の仲間)は
腎臓の機能を根本から破壊してしまう大変致死性の高い毒草です。
花は元より、茎、葉、球根、花粉、切り花の浸かっていた花瓶の水でさえ
少量でも猛毒になります。

『猫 ユリ 毒』で検索するとたくさん出てきますが一番上の動物病院のサイトです
www.hataya-ah.com/猫のユリ中毒/

>ユリの中でもテッポウユリ、オニユリ、コオニユリ、鹿の子百合、キスゲの5種類は
猛毒であり、この他カサブランカ、イースターリリーも中毒を起こす。

驚くことにごく普通に目にする植物でも猫には毒となるものが多いようですね。
毒の程度は様々ですが観葉植物も大部分が毒だそうです。

今後は自由にお庭に出さないと仰っているため心配ないかと思いますが、
園芸好きなご家族のようでしたので老婆心からコメントさせていただきました。
ご家族のお気持ちが落ち着く日の来るよう心より祈っております。
Commented by ryokichi77 at 2014-04-20 15:49
★元ハチワレ飼いさん
某掲示板ではお世話になっております。^^

百合のこと、丁寧にありがとうございます。
実家の百合は自然にどこかから種がきて生えてきた、と前に聞きましたが、
いずれにしろ猫には毒ですよね。母にも伝えておきます。
以前、花瓶を割られてから、もう猫が手を出せるところに
植物を置くことはしてないみたいですが、
うっかり、ということもあるので、注意しないとですよね。

のらココのこともありがとうございます。
やはり一番面倒をみていた母が一番つらかったようですが、
みなさんの言葉に本当に慰められています。


猫写真を主に。OLYMPUS E-620、Nikon D7000使用。写真集、ポストカードは下記の「猫満福庵」で発売中。ご用件はryoneko★gmail.com(★を@に変更)まで。リンクフリーです。


by ryokichi77

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 11月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

カテゴリ

全体
外猫
家猫
実家猫
友猫
店猫
保護猫
猫外
催事
掲載
販売
自己紹介
未分類

お気に入り

お気に入りブログ

くらげねこの雑記帳
猫と6ペンス
ねこのあくび
野良猫写真blog
ギャラリー猫の憂鬱
のらねこ。 (野良にゃ...
R&M
マロン商店
香港ねこぶろぐ HONG...
ひかりとかぜのとおりみち
私的癒景
野良っ猫写真日記
とにゃりん。備忘録
ネコは猫でも... (...
猫ろじっく
大空と大地の間で・・・
心はいつも。。。
杏的日乗
at the port
ご褒美はかつお節で(旧館)

最新のコメント

★aLIVE_PHOTO..
by ryokichi77 at 17:10
あけましておめでとうござ..
by aLIVE_PHOTO at 20:28
★葵さん わー!わざわ..
by ryokichi77 at 22:22
こんばんは!なかなか更新..
by 葵 at 01:46
★はなねこさん わーお..
by ryokichi77 at 12:22
覚えておられないかもしれ..
by お久しぶりです at 21:20
★葵さん あら!葵さん..
by ryokichi77 at 23:08
こんにちは!平岡珈琲店は..
by 葵 at 12:49
★みわこ@奈良!さん ..
by ryokichi77 at 10:54
りょう吉さんのブログのぞ..
by みわこ@奈良! at 23:49

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
猫写真展
from かなぴな日記
Newおさかな♪
from てくぺん
無事、帰宅!
from タケノコfamilyの愉快な日記

検索

タグ

(132)
(125)
(49)
(41)
(41)
(23)
(18)
(17)
(16)
(15)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧