カテゴリ:外猫( 505 )

いやん・・・

昔の写真が続きます。
これは、こちらでも販売して頂いているポストカードの猫さんのその続きのショットです。(さりげなく宣伝・笑)
c0136217_4235676.jpg
地面で素敵なショットを見せてくれた茶トラさんはベンチに移動し、まったりモードに入っていきました。
c0136217_424271.jpg
で、・・・いやん、もう撮らないで・・・ってことだったんでしょうかねぇ。^^;

撮影:2007年11月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-11-16 04:29 | 外猫

はじめての・・・

お使い・・・ならぬ、出会い。
c0136217_3165667.jpg
神社にいた人懐っこい猫さんとおそらく猫というモノにはじめて出会ったであろう子供さん。
c0136217_31712.jpg
・・・はじめての出会いはお互い微妙な感触だったようです(笑)。

私は幼い頃から動物に恐れもなくどんどん近づいて行く子供だったそうです。
で、現在に至る・・・ですね(笑)。

最近、人を撮ってみたいなぁ、という気持ちが生まれています。
いろいろとあって、たくさんの人と出会う機会があり、人の顔や表情って本当に
その人の生き様が出るんだななぁ・・・と思いまして。

いわゆるモデルさんを綺麗に撮るというのではなく、
それぞれの人がいろんなものを抱えたり、悩んだり、乗り越えたりしてきた、
そんな生き様が分かるような、そんな写真です。

しかし、人を撮るのはよいのですが、発表するとなるといろいろ問題があり・・・悩ましいところです。
また、何より猫しか撮ってきてこなかった私には人を撮ることがまったくのド素人というところが
一番の悩みどころです。勉強はつづく・・・。

※コメント返しについてなのですが、闘病中ということもあり、少しお休みさせて頂こうかな、
 と思っています。本当にすみません。でも時間があればお返事して行きたいと思っていますので、
 「あ、いいな」と思われたらぜひぜひコメント下さればうれしいです。更新率が上がります。
 (あ、保証はできません。すんません・笑)

撮影:2007年11月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-11-15 03:37 | 外猫

ずっと・・・。

またもや、再掲写真となります。
ですが、その時にお伝えしていなかったことを少し文章で補足したいと思います。

c0136217_532342.jpg
とっても仲のよい
c0136217_533270.jpg
茶トラさんたち。

昨日11月8日は私の友人の命日でした。
6年前のその日、壮絶な心の病との闘いの末、残念な形で亡くなりました。

私はちょうどその頃、外猫写真に目覚め、
毎日のように外に出ては猫の写真を撮っていました。
彼女が苦しんでいることを知っていたので、
何かできないだろうか・・・と思いついたのが、「猫写真のハガキを毎日送る」、
というものでした。できない日もあるかもしれないけれど、とにかく毎日。
彼女も動物が大好きだったので。
心を病んでいる人は本当に孤独です。
私も経験があるだけにそんな気持ちを知っていました。
そんな人は「忘れられる」ということが一番悲しいことなんじゃないかな、
と思っていたのです。そんな訳で、毎日ハガキを送ることで、また、
それにひとこと私の気持ちを添えることで、少しでも心が和らいでくれたらいいなぁ、
と考えたのです。

ただ、ひとつ問題があり、
彼女は実家や独り暮らしの家や病院(時々入院していたので)を転々としていて、
どこへ送れば早く確実に彼女の元へ届けられるのかが分からず、
彼女とはメールのやりとりはしていたので、毎日送るということは伏せて、
「ハガキを送りたいねんけど、どこに送ったらいいかなぁ?」とメールで質問してみたのです。

が、メールの返事はなぜか返ってこず、その数週間後、
彼女の訃報だけが私の元に届きました。

それから1年間くらいでしょうか。とてもよい瞬間が撮れた時期がありました。
これは私の写真の腕うんぬんではなく、とにかくいいチャンスが来るというものでした。
私は今でも、あの現象は空へ昇った彼女がその瞬間に導いてくれたのだと思っています。

さて、冒頭に乗せた写真は彼女が亡くなった後、その1年の間に撮った写真です。
この二匹は親子ではありません。が、それはそれは仲がよく、「ああ、かわいいなぁ、」
と思って、シャッターを切っていました。
夕暮れ時、アスファルトにちょうど差し込むやわらかい日差しの中で、
その様子を見ていると、だんだんと、その姿が「かわいい」から「美しいなぁ・・・」
に変わっていきました。
ただただ生きていること、そのこと自体、親子でなくとも、こんなにも優しくし合えること、
そういうことが心にぶわっとあふれてしまい、最後には泣きながら撮っていました。

私にとって、とても大事な写真です。

さて、私も現在、闘病中なのです。ずっとつづいていた体調不良の原因が
ようやく分かり、現在、とりあえずの病院にかかりながら、もう少し専門的に
診てもらえる病院を探しているところです。

彼女は逝ってしまいましたが、私は彼女の分までもしっかり生きて行こうと思っています。

逝ってしまった彼女のことはずっと一生忘れません。T、見ていてね。

【私の友人たちにお願い】 闘病中とはいえ、私が外に出て元気にしている時は元気だということなので、
ごくごく普通に接してくれたらありがたいです。よろしく。

[PR]
by ryokichi77 | 2011-11-09 05:58 | 外猫

こどものあそび。その続きと茶白ちゃん。

前々記事の続きです。

c0136217_4482279.jpg
石ころで遊んでいたキジトラちゃんをスルーするように歩き出した茶トラちゃん。
c0136217_4482933.jpg
一緒に遊びたそうなキジトラちゃんをやはりスルー(笑)。
c0136217_448353.jpg
でも通り過ぎる訳でもなく近くにちょこんと座るのでした。

今まで全く顔の見えなかった茶トラちゃんですが、こんなコです。
(違う時間に撮っているので少し写真の雰囲気が違います)
c0136217_4512150.jpg
ん?なんか上にあるのかな?
c0136217_4501879.jpg
ようやくこっちを向いてくれました。
涼やかな雰囲気のある美猫ちゃんでした♪

撮影:2007年8月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-11-02 05:23 | 外猫

ぬくもり。

c0136217_23571964.jpg
c0136217_23572643.jpg
c0136217_23573228.jpg
c0136217_23573979.jpg


言葉はいらないね。^^

撮影:2007年11月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-31 23:58 | 外猫

こどものあそび。

c0136217_347919.jpg
まだまだ遊びたい盛りの子猫さん(いや、もう中猫さんかな)が遊んでいるものは・・・?
c0136217_3471744.jpg
石ころ!
c0136217_347242.jpg
くわえてみては
c0136217_3473025.jpg
どっか持っていうとしてみたり、
c0136217_3473992.jpg
途中で休憩をはさんでみたり(笑)。
c0136217_3474674.jpg
「あ~もう飽きたわ~」という子猫さんを
冷めた目(かどうかは知りませんが・笑)でみている兄弟猫さん。

この茶白ちゃんはとてもかわいらしい子でした。また次の記事に載せたいと思います。

整形外科通いは続いており、相変わらず写真を撮れていません。
昨日はとうとう首と肩にブッスーっと注射を打たれました。
注射は苦手ではないので全然平気だったのですが、その後、注射したあたりの皮膚が
どす黒く変色し表面が突っ張っているので、今ガクブルしているところです。ひー。
(本日病院に問い合わせる予定です)
肝心の効果はまぁまぁありましたが、思っていたほどの即効性は感じられませんでした。

まー長い人生、ちょっと休みなはれ、ということでしょうか。

ただ、その整形外科の先生がなかなかナイスなおじいちゃんに近いおっちゃんで、
とても良い先生のようなのでこれからもそこに通っていくつもりです。(待合室で調査済み・にやり)
その先生は昔からずっとそこで開業医をされているようで、
見かけはアラーキー似。(!)で、先生の横にはスタンド式の灰皿が置いてあり、
(おそらく休憩中に吸われるのでしょう)白衣の中に来ているTシャツも黒地に骨柄というイカしたもの。

診察室はプライバシーもくそもない空間で、(でもちゃんとカーテンで仕切るベッドはあります)
先生はあっちこっちから聞こえて来る看護士さんの「せんせー○○さんのあれこれはー?」
という質問を診察をしながら「あーそれ、○○しといてー!」と大声で指示していて、
ちょっとした野戦病院(見たことないですけど)のような様相を呈していました。

思わず笑ってしまったやりとりが、

看護士さん:「せんせー○○さんが湿布は嫌だっておっしゃってますー!」(ベッドのあるカーテン越しに)
先生(大声で):

「ほな、貼るなー!!」

「ほな貼るなー」って!「ほな貼るなー」って!!(笑)
結局、その方は皮膚が弱かっただけのようで、
ちゃんとその後、代替薬の処方も先生は考えておられました。

こういうお医者さんていいなぁ。人をちゃんと診ている、という感じがします。
私自身、そういう診察をされました。かけてくれる短い言葉ひとつにも温かさを感じました。
私ももうええトシなので、その人に「ハート」があるかどうかというのは、
まーそこそこ分かります。(いや、まだまだか・笑)
こんなお医者さんが育つような環境が今、日本にはあるのかしら・・・と思ったりするのでした。


撮影:2007年8月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-27 04:19 | 外猫

フサフサさんたち。

c0136217_2495631.jpg
長毛の外猫さんたち。
仲良しなのか、お互い、スリスリとし合っておりました。
c0136217_2381154.jpg
長毛さん。その1。
サビっコで長毛。好みすぎる!!
サビ猫(こういうぐちゃぐちゃ柄の猫をそう呼びます)を飼い始めてから
本当にサビ猫が好きになりました。この好きの気持ちをどう書いたらいいんだろう。
こんな柄でももちろん本猫は気にしちゃいないし、
(猫界では柄なんて関係ないのかなー?)
これは猫全般に言えることですが、「私は私です」と平然と生きている。
私側は、こんな柄であるがゆえのそれぞれの毛柄の妙味が
マニアとしてはたまらんのです(笑)。・・・あほでしょ。

また、サビ猫はフレンドリーで賢いコが多いというのは猫好きさんからよく聞く話です。
我が家のサビ猫、キョンもそういう猫で、性格的(笑)アイドル猫です。

これから猫を飼おうかと思っている方々、色柄だけで猫さんを決めたら、
もったいないですよ。サビ猫はおすすめです。二回言います。めっちゃおすすめです!

c0136217_2381753.jpg
1枚目では顔が見えなかった長毛さんその2。
グレーの色にしても、長毛にしても、洋猫さんの血が混じっているのは間違いないですね。
昔ながらの日本猫が少なくなっていくのはもう仕方がないでしょう。
けれど、洋猫さんの血が混じろうが、雑種と呼ばれる猫たちは
やはり遺伝子的にも強いような気がします。(もちろん個体差はありますが)
我が家の3猫たちも、ビッケが1歳の頃に尿路結石になった(完治済み)以外は
それ以降、3猫とも風邪ひとつひきません。
ま、きっとこれから猫も年を取りますから、
年齢と共に何かの病気になることはあると思いますが、
雑種はやはり生命力が強いように思います。

で、またここで。
これから猫を飼おうを思ってらっしゃる方々、ペットショップへ行く前に
右のバナーにもありますが、里親募集サイトなどで、行き場をなくした雑種さん、
(中には純血種さんもいます。もちろん純血種さんも私は大好きです)
にも目を向けて下さったら猫好きとしてはうれしい限りです。^^

撮影:2007年10月・・・古い写真だなぁ。初めてのデジイチ時代のものです。
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-18 03:25 | 外猫

男前の前?

c0136217_1285643.jpg
キリリ。
c0136217_129266.jpg
いよっ!男前!
c0136217_129857.jpg
・・・でも、まだまだ遊びたい盛り♪
c0136217_1291470.jpg
遊んでる途中に振り向いた顔にはまだ幼さが残っていました。
男前になるまだちょっと前やね。^^

撮影:2009年8月
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-17 01:32 | 外猫

思い出。

c0136217_648573.jpg
こんな秋も、
c0136217_6481130.jpg
あったね。

撮影日時は、2009年11月29日14時29分。
小さな頃から知っていた茶白ちゃん。
兄弟で捨てられ、ここで心やさしい人達に支えられえて生きていた。
今はどこで何をしているんだろうか。
どこにいても、私の記憶に、そして写真にはしっかりと残ってるからね。
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-12 06:54 | 外猫

あそぼ♪

エキサイトのスキンを変えてみました。やっぱり黒バックが好きなので♪
そして写真も過去のものが続きます。

昨年秋の写真で、私のお気に入りのひとつ、この記事の猫さんです。ピン合ってない等などは見逃してください(笑)。
c0136217_20184982.jpg
小枝を持ってきて左手でちょいちょい・・・
(右手だけでカメラを構えて撮っています←猫撮りにとっては必ずマスターしなきゃならない技です・笑)
c0136217_20185671.jpg
釣れた♪
c0136217_20282587.jpg
うーん、でもなんかいまひとつテンションは上がって・・・ない?(笑)

同じ場所にいたこのコがえらくハイテンションだったので、それぞれの個性がよく分かりました。

猫さんも性格はそれぞれ。このコは人好きだけど、きっとシャイなんだろうなぁ。かわいいなぁ。
猫写真を撮りながらこんな風に猫を観察するのも楽しい時間なのでした。
[PR]
by ryokichi77 | 2011-10-11 20:43 | 外猫


りょう吉と申します。ご用件はryoneko★gmail.com(★を@に変更)まで。リンクフリーです。


by ryokichi77

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2016年 11月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

カテゴリ

全体
外猫
家猫
実家猫
友猫
店猫
保護猫
猫外
催事
掲載
販売
自己紹介
未分類

お気に入り

お気に入りブログ

くらげねこの雑記帳
猫と6ペンス
ねこのあくび
野良猫写真blog
ギャラリー猫の憂鬱
のらねこ。 (野良にゃ...
R&M
マロン商店
香港ねこぶろぐ HONG...
ひかりとかぜのとおりみち
私的癒景
野良っ猫写真日記
とにゃりん。備忘録
ネコは猫でも... (...
猫ろじっく
大空と大地の間で・・・
心はいつも。。。
杏的日乗
at the port
ご褒美はかつお節で(旧館)

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
猫写真展
from かなぴな日記
Newおさかな♪
from てくぺん
無事、帰宅!
from タケノコfamilyの愉快な日記

検索

タグ

(132)
(125)
(49)
(41)
(41)
(23)
(18)
(17)
(16)
(15)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧